中小規模の病院に多い学ぶことがなくなる悩み

勉強

  • 今の病院では学ぶことがなくなった
  • なりたいと思える尊敬できる先輩が一人もいない
  • 毎日の仕事がルーチン化している

中小規模の病院に勤務する看護師さんには多い悩みです。
改善する意識がないベテラン看護師が多かったり、教育費用をかけられないなど環境面の理由もあります。

今の病院で学ぶことがないのであれば選択肢は2つしかありません。

  • 外部の研修に積極的に参加する
  • 転職をして環境を変える

このどちらかです。
今の病院を変えようなどと思わないことです。

それが出来ればもちろん一番良いでしょう。
ただ”現実”は簡単ではないですし、それが出来るのは看護師長や看護部長など上に立つ立場の看護師だけです。

外部の研修に積極的に参加する

外部研修に参加すると他の病院の看護師から刺激をもらえる効果もあります。
もちろん研修そのものも重要ですが、他の病院の看護師と色々と情報交換もできて看護の仕事にプラスになると思います。

看護師向けのセミナーは金額も高いので、病院の制度を利用するのが良いです。
しかし、今の病院でそういった制度や研修がない、行く時間が全くないというなら転職しかありません。

転職をして環境を変える

大学病院

どのような看護師になりたいかによって環境はいくつかあります。
例えば、一定分野のスペシャリストなら大学病院、ジェネラリストなら民間がいいでしょう。

まず最新の医療が学べるのは、やはり大学病院ということになります。
しかし、あなたもご存知とは思いますが、大学病院にはメリットとデメリットがあります。

大学病院のメリット(スキル面)

  • 最先端の知識は身につくことが多い
  • 難しい病気の看護をする機会が多い
  • 勉強会や学会などで最新の医療を学べる

大学病院のデメリット(スキル面)

  • 看護技術は研修医がやるところが多く身につかない
  • ドクターが多いため判断力や適応力が身につかない

大学病院はスペシャリスト向きな職場といえるかもしれません。
看護技術ではなく、知識が身につく職場と考えるとしっくりくるかもしれません。

ドクターによっては大学病院の看護師は使えないと経験から思っている人もいます。
また、大学病院から民間の病院へ転職すると大変だと言う人は多いです。

もちろん全ての大学病院の看護師が該当するわけではありません
あくまで一般的に多い意見といえます。

反対に民間から大学病院にいくと戸惑うことも少なくありません。
マニュアル重視、事務作業が多い、他の部署と縦割りな関係、上下関係・派閥などの人間関係、休日の勉強会、会議が多いなど挙げるとキリがありません。

それでも給料が良い、最先端技術が学べる、福利厚生が良いなどメリットも沢山あります。

大学や公立病院の求人は年齢が35歳ぐらいまでとするものが多いです。

民間病院でも教育熱心な病院はある

民間

民間の病院であっても外部の研修費用を負担してくれたり、研修で大学病院にいったり出来る病院もあります。

また、しっかりとした教育を行っている病院もあるため民間で探すことも可能です。

その他、専門病院になると、その分野に力を入れていることもあります。

転職のポイントとして教育制度を確認することは必要ですが、その他に以下のことも確認しておきましょう。

  • 残業時間がどれぐらいあるか?
  • 認定看護師・専門看護師は何人いるか?
  • 資格試験や研修費用の補助はあるか?

残業が多すぎると勉強をする暇もないという可能性があるため確認は必須です。
認定看護師や専門看護師数や補助をしているか?で教育への力の入れ具合が正確に把握できます。

働く環境を変えるために必要な情報収集

情報収集にはハロワよりも転職サイトを利用しましょう。リクルートのナースフルなど転職サイトは利用・登録は全て完全無料です。
転職サイト経由で就職が決まると病院側がナースフルに紹介料を支払うため「看護師は無料で使う」ことができます。

登録後に面談をする必要があります。
面談は近くの方で時間がある場合は対面、時間がない遠方の方は電話でおこないます。

面談では希望の条件とこれまでの経歴を質問されます。
早ければ当日中に求人を紹介してもらうことができます。

もちろん紹介されても応募するかどうかはあなた次第です。
その他にもナースセンターも利用すると良いですね。

大事なことは色々なところから情報を仕入れるということです。一つのサービスだけでなく様々なサービスを利用して同じ病院の情報を仕入れることで確実性がましていきます。

そして最後は自分の目です。
実際に病院に面接・職場見学にいった際に肌で感じてきて決定をしましょう。

ページのトップへ戻る